【会長挨拶】
会長  L. 鈴木 淳
クラブスローガン
「奉仕の輪を広げ、希望の灯をともそう」

ライオンズクラブ国際協会334-C地区

2020~2021年度、久保田紀之地区ガバナーを輩出する富士中央ライオンズクラブの、第34代目会長を務めさせて頂く鈴木 淳です。1987年に誕生した我がクラブから国際協会役員を輩出すると云う栄誉を歴史に刻むことに感動し、ワクワクしています。現在、世代交替が進みつつある富士ちゅうおぷライオンズクラブですが、GLT活動の推進に努め、個々の責任を自覚し、研鑽を積み、ライオニズムを懐くライオンズマンの一人一人として、和と情熱をもって、その日を迎える為に「ライオンと呼ばれる人」を目指したいと考えております。今期地区ガバナー輩出の前年としては、市民・社会福祉、献血、青少年健全育成に係る継続アクティビティーは勿論の事、GST活動「糖尿病予防」に特化した「健康ウォーク」をプレイベントとして企画しています。新たな奉仕活動の創出として、継続事業と出来ればとも考えています。「令和元年」は、若い会員と共に友愛を深め、奉仕の精神を共有しながら肩に力を入れず、粛々と奉仕の輪を拡げてまいります。



ca17e65e85a52c0f2b5d73caed2f2f20

758504a15f3c4bab8284baafedaa33661

a3d097224653aaa7b63c6f8362ba9e3f
fe6352a8981077ee1ffb4f2dc6954b8a

9033939696b3d51ba714312ad870d448
d99c3e1abe0475296b6ba27d29e3eb36



scroll-to-top